{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/7

ほしぞら でんしゃ りゅうせいごう

¥1,540 税込

送料についてはこちら

作:視覚デザイン研究所 絵:くにすえ たくし サイズ:240mm×240mm ページ数:25P ISBN:978-4-88108-242-3 けんたは、お母さんと妹のマコちゃんと一緒に、寝台特急「りゅうせいごう」に乗って旅に出かけます。 いろんな動物たちも「りゅうせいごう」に乗り込んでいます。 まずは車内を探検。断面図で描かれた車内では 迷子で泣いている子と探しているお母さんがいたり、お弁当を抱えているクマの親子がいたり、シャワーを浴びていたり、 乗客のいろいろな物語が描かれています。 けんたも二段ベッドにおおはしゃぎ  「ヒャッホー」 おやすみの時間、静かな夜を走る「りゅうせいごう」はぐっすり眠るみんなを乗せて走り続けます。 ここから見開きページをめくると…! 満点の星空に行き交う列車たち。夢のような世界にうっとりします。 真夜中、列車は保線作業中のマルチプルタイタンパーの横を通り過ぎます。 線路の砂利(バラスト)を整備して、たくさんの列車が通過してできた線路のゆがみを直します。 真っ暗な中、ライトに照らされた大きな車両はひときわ目を引きます。 もちろんマルチプルタイタンパーもかっこいいのですが、保線作業員の真剣な眼差しにグッときます。 夜明け前、ディーゼル機関車との連結シーン、静かな朝焼けの風景。 そして朝ごはんで賑わう食堂車。列車に乗りながら食事だなんて、なんだか贅沢です。 ホットケーキにオムライス、お寿司やパンや 丸ごとの人参などみんなそれぞれに好きなものを頬張っています。 この楽しそうな様子を眺めていると、なんだかこちらもワクワクしてきます。 列車は終点きたのまち駅に到着します。 寝台列車の旅のわくわくがぎゅっとつまった絵本です。 のりものえほんシリーズ第7弾。 見開きワイドページは迫力の展開。 読み返すたびに新しい発見が子どもの知的好奇心を育てます。 各ページにかくされた星座やUFOも探してね。

セール中のアイテム